製品紹介
Home > 製品紹介 > 節電関連製品 > KEWインバータ制御盤

KEWインバータ制御盤

インバータ独自の機能に、安全思想と制御技術をプラスしてつくりました。

KEWインバータは、必要時以外のモータの回転を下げる事によって消費電力を抑制します。
電力料金を大幅節減できるだけでなく、設備容量にも余裕が生まれます。
設置対象は工場・ホテル・ゴルフ場などの循環ポンプや、給排気ファン、空調用エアコンブロアポンプなど、様々な場所で活躍します。
特に、標準タイプはもとより空調機に特化したタイプが節電効果が得られ導入実績が増え続けています。

KEWインバーター

各容量モータの削減電力量および削減電気料金(比較例)

比較例
通常運転時
1日電力量
132KWH 180KWH 264KWH 360KWH 528KWH 720KWH 1080KWH
インバータ運転時
1日電力量
79KWH 108KWH 158KWH 216KWH 316KWH 430KWH 648KWH
電力料金
削減金額
(円)
15,900 21,600 31,800 43,200 63,600 87,000 129,600
190,800 259,200 381,600 518,400 763,200 1,044,000 1,555,200

特長

空調機の可変風量制御に特化した制御ができます

空調機の可変風量により部分負荷運転時の搬送動力エネルギーと、外気導入量制御による冷温水量の最適化により熱源エネルギーが改善され、大量に消費されている空調エネルギーのロスを徹底的に省エネいたします。

一台のコントローラで最適制御できます。

空調機のファンの回転数、冷温水制御弁、外気ダンパーを連動して自動制御しますので、効率的に省エネ運転できます。

省エネ効果が把握できます。

積算電力量の実績/従来運転想定値の切替表示機能を搭載しており省エネ効果が把握できます。

送風機の運転効率が向上し、最大電力消費量を抑制できます。

インバータの最適効率運転により電力会社の基本電力料金の削減が図れます。

年間を通じた送風機の電力消費量が50〜60%抑制できます。

インバータにより必要最小限の風量で運転を行い消費電力を抑制できます。

冷暖房に必要な熱源エネルギーの年間消費量を5〜10%抑制します。

最適外気導入により外気冷房期間の増加、盛夏時冬季の不要な外気の減少を行う事により冷温水消費の最適化が図れます。

KEWインバータ制御機
設置例
▲設置例

※削減効果は負荷効率や運転時間によって異なります。

ご注意

KEWインバータの設置には、事前調査・測定が不可欠です。
負荷設備によっては設置の効果が期待できない場合がありますのでご了承下さい。

導入実績

省エネ実績
導入写真
機器名称 電動機
動力
kW
更新前
動力
kW
省エネ量
kWh
合計
削減量
kWh
合計
削減率
備考
省エネ前
電力量
kWh
合計 262.4 193.8 5月度 6月度 7月度 8月度 9月度 10月度 11月度 213,994 51.3% 416.969kWh
13,174 24,131 27,219 27,022 26,069 24,602 10,454
12月度 1月度 2月度 3月度 4月度 5月度 -
10,584 10,347 9,463 9,311 14,497 7,121 -

対象期間 2012年5月〜2013年5月

某ホテル消費電力 削減量 213,994kWh × 10.71円/kWh = 年間削減額 2,291,876円

某ホテル契約電力 削減量 77kW × 1,643.25円/kWh × 85% × 12ヶ月 = 1,290,609円

想定年間削減電力料金 合計      3,582,485円

空調機用制御システムの導入概念図

空調機の送風量の無駄を除き、送風機消費電力を徹底的に低減します。
外気導入量を制御し、中間期、冬期の熱源エネルギーの消費を最小に抑える空調機インバータ化の制御ユニットです。

概念図
制御ユニット